セノビックはいつから飲み始めても大丈夫?いつまで効果が期待出来る?

セノビックはいつから飲んでも問題ないのでしょう。さらに効果が期待出来るのはいつまでなのでしょうか。お子さんの成長に合わせて起こる体の変化も考えながらこの点についてお伝えします。

セノビックはいつから飲んでも大丈夫?

セノビックをいつから飲んだも大丈夫なのかを考えるときに参考になるのが公式サイトの情報です。サイトには「園児も!小中高生も!成長期のすべての子どもたちに大切な栄養素をサポート」と明記されているので、園児に該当する年齢となるお子さんなら飲んでも大丈夫と考えられます。

一般的に園児というと3歳からとなるので、いつからセノビックを飲んでも大丈夫かという問いの答えは3歳からなら大丈夫と考えられます。公式サイトの方でも4歳の女の子が美味しく飲んでいるというクチコミが紹介されていますので、このように考えても差し支えないでしょう。もう一つの考え方としては、お子さんがお母さんと同じ内容の食事を摂れるようになったら、飲ませてあげても大丈夫ということも考えられます。

3歳ぐらいの年齢ですと食べられるものも限定されるでしょうし、好き嫌い(食べず嫌いを含む)もあるかと思います。そんなお子さんの普段の様子を見ているとご自身のお子さんがセノビックを飲めるだろうか?と心配されているお母さんもいるかもしれません。しかし、そんな心配もご無用です。というのもセノビックには5つの味(ミルクココア味、ヨーグルト味、いちごミルク味、バナナ味、ポタージュ味)が用意されていまし、どれも多くのお子さんが大好きなものだと思いますので、きっとあなたのお子さんもお気に入りの味が見つかるはずです。心配ならまずはお子さんが好きなものに近い味のものからお試してみるのも良いですね。

いくらセノビックを飲ませているからといって、日々の食事がおそろかになってしまっては、お子さんの健やかな成長にはつながりません。あくまでセノビックは補助的な栄養食品であることをしっかりと認識していただいて、毎日の食事では不足しがちな栄養素を補う存在であることと考えてください。

いつまでその効果が期待出来るのか?

お子さんの身長を伸ばすことを期待するならセノビックはいつまで飲ませてあげるのが良いのでしょう。一般論になりますが男の子の場合は高校卒業まで、女の子の場合は2,3年早く中学卒業から高校1年生ぐらいと考えるのが良いでしょう。というのもこれらの年齢くらいまでが身長が伸びる時期なので、セノビックの効果がでるのもこれくらいの年齢だと考えられます。セノビックを飲むから身長が伸びるのではなく、もともと身長が伸びやすい成長期にセノビックでこの時期に重要な栄養素(カルシウム、鉄、ビタミンD、ボーンペップ)を補うことによって、身長が伸びる働きがより高まる可能性があるというわけです。

年齢に限らず身長が伸び続けているのであれば、セノビックを飲み続けても効果が期待できるのではないでしょうか。それが何歳なのかは個人差のあるものですから、お子さんと一緒に身体測定の結果とにらめっこしながら、いつまでつづけるかを考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

セノビックはいつからお子さんに飲ませてあげても大丈夫でいつまでなら飲むことによる効果が期待できるかをお伝えしました。園児なる3歳ぐらいから飲ませてあげても大丈夫でしょうし、一般的には身長が伸びるのがストップする男子なら高校、女子なら中学から高校入学くらいまでは効果が期待できますよ。

⇒ 園児から中学・高校まで大丈夫!セノビックの詳細はこちら