セノビックには副作用があるのか?肝臓や腎臓への悪影響は?

セノビックには副作用があるのでしょうか。お母さんたちならお子さんが口にするもののこうした点について不安になるものです。ネットでは肝臓や腎臓への悪影響を伝える情報あるようですが、実際のところはどうなのかについて詳しくお伝えしていきます。

セノビックには副作用の心配なし!含まれる成分から解説します

セノビックのお子さんへの副作用を心配されているお母さんは安心してください。こちらの成長期成長飲料にお子さんたちに悪影響を与える心配はありませんから。どうしてそのように言えるのかを商品に含まれる栄養素から解説していきます。ただし、唯一卵アレルギーをお持ちのお子さんは飲むのを控えたほうが賢明でしょう。これについては次の章で詳しくお伝えします。

セノビックの副作用を考えた時にそもそもこちらの商品へ栄養補助食品ですので薬ではありません。従ってこれに含まれる成分の働きで副作用が起こるとは考えられないですよね。となると、これを飲むことで体に出る悪影響というのは主な成分であるカルシウム・鉄・ビタミンDの摂取量が多くなった時にお子さんの体に悪影響がでないかという点に絞られます。これらについてお伝えしましょう。

まず最初はカルシウムになります。この成分は過剰摂取による体への問題は起こるのでしょうか。結論かいうと一般的な健康なお子さんであればカルシウムを多めに摂取したからといって体に悪影響は出ませんので、安心してください。がん患者さんの中には高カルシウム血症という欠陥・腎臓にカルシウムが沈着して障害を引き起こす可能性がありますが、健康なお子さんであればこのような心配はありません。

続いて鉄です。鉄という成分は実は非常に体内への吸収量が低いので、過剰に体内に取り込むという心配とは無用ですので、セノビックを飲んだからといって何ら心配はありません。

最後にビタミンDですが、過剰に摂取すると下痢や吐き気を伴うカルシウム血症を起こすことがありますが、これはサプリメントなどを過剰に摂取した時に起こる可能性があるだけであり、決まった量のセノビックを飲んでいる限りはこのような心配は不要です。

いかがでしたでしょうか。毎日決められた量を飲む限りはセノビックによる副作用の心配はないことがわかっていただけたと思います。次の章では唯一飲むのを控えたほうが良い卵アレルギーの方への注意をお伝えします。

蕁麻疹がでるのはどんな時?腎臓や肝臓への影響は??

セノビックの副作用について唯一気をつけないといけないのは卵アレルギーのお子さんです。というのもセノビックの特徴一つであるボーンペップはその別名:卵黄ペプチドの通り、卵から抽出された成分です。従って、卵アレルギーのお子さんが飲んだ場合には蕁麻疹や吐き気、下痢といったアレルギー症状を発症する可能性があります。このような辛い思いをお子さんにさせないためにも卵アレルギーのお子さんに飲ませるのは控えさせたほうが良いかと思います。

ネットで検索しているとセノビックの腎臓や肝臓への悪影響を述べているケースがありますが、実際のところどうなのでしょう。腎臓への影響はカルシウムの過剰摂取の影響を言っているのでしょう。ただし、これは先ほどの述べたように健康なお子さんが決まった量のセノビックを飲む限りはなんらシンパする必要はありません。

一方、肝臓への悪影響を述べている根拠はプロテインの過剰摂取による肝機能障害の可能性を根拠としているようです。たしかにセノビックの中にはバナナ味やポタージュ味のようにプロテインを含んでいるものがありますが、これらも決まった量のセノビックを飲む限りは決してお子さんに副作用が出ることはありませんので、安心してください。

まとめ

セノビックの副作用の可能性についてお伝えしてきました。卵アレルギーのお子さんを除いて、1日2杯の決まった量を飲む限りは副作用の心配はないと言えますので、安心してお子さんに飲ませてあげてください。

⇒ 【成長期応援飲料】セノビックの詳細はこちら