セノビックとミロを徹底比較|栄養面での決定的な違いを発見!!

セノビックとミロを比較する人が多いようにどちらも育ち盛りのお子さん向けであり粉末状の商品を牛乳に溶かして飲むという共通点があります。お母さんとしては類似したこれらのどちらをご自分のお子さんに飲ませてあげるのが良いのかは気になるポイントでしょう。セノビックとミロには実は決定的な違いがありますので、その点についてお伝えします。

値段を比べるとミロが圧倒的に安い

セノビックとミロの値段比較を最初に行いました。1ヶ月分の分量(セノビック:280g x 2袋、ミロ:450g x 1袋)の値段は以下の通りです:

  • セノビック:2,160円(税込:公式サイト価格)
  • ミロ:756円(税込:希望小売価格)

値段だけを見ればミロの方が圧倒的に安いことが分かります。ただし、お子さんの成長ために飲ませようというのにそれだけで選んでも良いのでしょうか。続いてそれぞれの商品に含まれる栄養について比較をします。

セノビックとミロの栄養を比較|あの成分が入っているのはどっち?

セノビックとミロを次は含まれている栄養面で比較を行いました。最初はどちらの商品も売りにしている栄養であるカルシウム・鉄・ビタミンDの含有量を比べます。

それぞれの商品を定められた1日分の量(セノビック:20g+牛乳300ml、ミロ:15g+牛乳150ml)を摂取した時にカルシウム・鉄・ビタミンDがどれだけ含まれているかを比較します。

各栄養素が1日に必要とされる量(1日当たりの栄養素等表示基準値)を100%とした場合に、1日分の量を口にすることで摂取できる栄養素の割合は以下の通りです:

  • カルシウム:セノビック-86.0%、ミロ-65.2%
  • 鉄:セノビック-81.0%、ミロ-75.6%
  • ビタミンD:セノビック-75.0%、ミロ-64.5%

セノビックの方がミロよりもいずれの栄養素についても豊富に含んでいることがはっきりと分かります。ただ、値段の違いと栄養含量の違いを見比べると、値段の差の割にはそこまで栄養素の量は違わないのでは、とお考えのお母さんもいらっしゃるかもしれません。そんな方はセノビックにだけ含まれているあの成分をお忘れではないですか?

↓↓↓このCMを見れば答えが分かります↓↓↓

そうです、ボーンペップこそがセノビックには含まれているけどミロには含まれていない、両者の違いを決定的にする栄養素なのです。発見のきっかけが卵から雛になるまでの圧倒的な成長のスピードに着目したことにあるのが卵黄ペプチドであるボーンペップです。動物実験で骨を伸ばす効果に加えて骨密度を高める効果まで確認されている今大注目の栄養素なんです。ちなみに骨密度を高めるということは、お年寄りの方たちが飲んでも良さそうですね。セノビックをお子さんに飲ませようと考えているお母さんたちが期待するのはやはり背を高くするという効果ではないでしょうか。となると、ボーンペップは欠かせない栄養素でしょう。

カルシウム・鉄・ビタミンDといった栄養素ももちろん成長期のお子さんに欠かせない重要なものですが、背を高くすることを少しでも叶えてあげたいというお母さんの希望を叶えるためにはボーンペップが欠かせない成分であると言えるでしょう。

まとめ

セノビックとミロを徹底比較してみると値段はミロの方が圧倒的に安かったです。しかし、栄養面について比較してみるとカルシウム・鉄・ビタミンDについてはセノビックの方がたくさん入っていますし、セノビックにしか入っていない成分としてボーンペップが挙げられます。少しでもお子さんの身長を高くしてあげたいから買おうと思っているお母さんにはセノビックがおすすめですよ。

⇒ ボーンペップ配合の成長期応援飲料|セノビックの詳細はこちら