セノビックは高校生が飲んでも効果が期待出来る?男子と女子での違いはあるの?

セノビックの効果は高校生が飲んでも出るのでしょうか。成長期の最終局面となるこれらの年齢になって、さらに身長を伸ばしたいと考えている方もまだまだいることでしょう。セノビックの効果は高校生が飲んでもあるのかといったあなたの疑問に医学的な見地も踏まえてお伝えします。

セノビックを高校生が飲むことによる効果について

セノビックは高校生が飲んだ時に効果があるのでしょうか。実際にこの疑問についてネットで調べてみると、カルシウムとの関係・成長ホルモンの分泌・遺伝的な要因などを理由に効果がある、と書いているものを見かけますが、決して十分な説明になっているとは思えないケースが多いです。

遺伝学的な分類でいくと身長の高さは量的形質に分類され、その大きな特徴として複数の遺伝子が身長の高い・低いを決めることに関与していることが挙げられます。また量的形質の特徴は遺伝的要因だけでは決まらず、生まれてから過ごしてきた環境要因(栄養環境、運動習慣、睡眠時間など)による影響も受けた上で、最終的にその人物の身長が決まります。したがって、遺伝学的要因だけで背が高い・低いが決まるというのは間違っています。

結論を言ってしまうと、セノビックは高校生が飲んでも効果を感じられる可能性があるといえるでしょう。その理由は骨端線(こったんせん)と呼ばれる軟骨の集まった部位によります。骨端線とは別名:成長軟骨、ともよばれている骨と骨の境目にあるエリアのことを指します。このエリアにある軟骨が成長ホルモンによる刺激を受けることで伸長し、私たちの体も大きくなります。つまり、身長を伸ばすためには骨端線が欠かせないというわけです。

しかし、骨端線は永遠に存在するわけではなく、一般的には高校生ぐらいまでしか残っていません(もちろん個人差はありますが)。これぐらいの時期までであれば、セノビックを飲むことによって成長ホルモン分泌が促されるといった効果も期待出来るというわけです。

なお、成長ホルモンの分泌を促進する3大要因は食事(栄養)・睡眠・運動と言われていますので、どれも欠けないように日頃からお子さんにも意識させてあげてください。

セノビックの高校生への効果は男子と女子で違うのか?

骨端線が残っているギリギリの時期が一般的には高校となりますので、セノビックの効果も期待出来ることをお伝えしました。この効果は男子と女子で違いがあるのでしょうか。

男子の場合は骨端線が残っている目安となるのが17〜18歳です。つまり、高校3年生でもなんとか間に合いそうですね。ただし、余裕を持って背を伸ばす活動を行うためには高校3年でも大丈夫、と油断するのではなく、息子さんがすでに高校生であるならば、学年を問わずに1日も早く飲み始めさせてください。

女子の場合はどうなのでしょう。同じく骨端線が残っている年齢は女性の場合は15〜16歳までというのが一般的と言われています。学年にすると中学3年生から高校1年生がギリギリのラインということになります。娘さんがすでに高校生であるならば、セノビックの効果を感じるためにはすぐにでも始めさせてあげてください。

まとめ

セノビックを高校生が飲んでも効果が期待出来るのか、について骨端線という体の一部のエリアを中心に解説してきました。男の子であっても女の子であってもギリギリ高校生ならセノビックの効果が現れる時期といえますので、1日でも早くスタートさせてあげることをおすすめします。

⇒ 高校生にもおすすめです!セノビックの詳細はこちら