セノビックをザバス ジュニアプロテインの比較結果を報告

セノビックとザバス ジュニアプロテインはどちらも粉状の牛乳または水に溶かして飲むタイプの栄養補助食品となります。類似しているように見える両者ですが、実はしっかりと比較してみると様々な面で違いが見えてきました。この点についてこちらの記事では紹介していきます。

価格で比較した場合にはセノビックの方が半額で使えます

セノビックとザバス ジュニアプロテインの価格をまず比較してみました。両者の1ヶ月分の分量(セノビック バナナ味:280g x 2袋、ザバス ジュニアプロテイン ココア味:800g x 1袋)の値段は以下の通りとなっています。

  • セノビック:2,160円(税込・送料無料:公式サイト価格)
  • ザバス ジュニアプロテイン:4,200円(税別:希望小売価格)

値段で比較するととセノビックの方が約半額で利用することがわかります。価格の面では圧勝したセノビックですが、栄養面ではザバス ジュニアプロテインと比較するとどうなのでしょうか。次の章ではこの点について比べてみました。

セノビックとザバス ジュニアプロテインの栄養成分を比較

セノビックとザバス ジュニアプロテインに含まれる栄養成分を比較しました。比較したのはタンパク質・カルシウム・鉄・ビタミンDになります。

それぞれの商品の1日に摂取する量としてメーカーから示されている分量を飲んだ時に含まれる栄養素を比較しました。1日の摂取量はセノビックが20g+牛乳:300ml、ザバス ジュニアプロテインが28g(こちらは水で溶かすことを想定している商品です)。

セノビック

  • タンパク質 – 13.7g
  • カルシウム – 580mg
  • 鉄 – 6.1mg
  • ビタミンD – 3.70ug

ザバス ジュニアプロテイン

  • タンパク質 – 12.0g
  • カルシウム – 840mg
  • 鉄 – 9.2mg
  • ビタミンD – 1.66ug

鉄を除きセノビックの方がいずれの成分でも含んでいる分量が多くなっています。さらにセノビックに飲み含まれているのがCMでもおなじみの成分であるボーンペップになります。卵から孵化するまでの急速な成長の要因として見つかった卵黄ペプチドであるボーンペップの効果は骨の伸長や骨密度の向上などお子さんの背を伸ばすことと関わりの深いものとなっています。セノビックをお子さんに飲ませることを検討されているお母さんであれば、身長が高くなることを期待されているかと思いますが、それを叶えるためにもボーンペップを含んでいるセノビックの方が良いのではないでしょうか。

成長期の健やかな成長に欠かせない成分であるタンパク質・カルシウム・鉄・ビタミンDの分量がセノビックとザバス ジュニアプロテインを比較した際に鉄を除きセノビックの方が多く、さらに特有の成分としてボーンペップを含んでいるならこちらのほうを強くおすすめできます。

まとめ

セノビックとザバス ジュニアプロテインを比較してみるとまず価格の面ではセノビックの方が約半額の値段となっており圧勝となっています。さらに栄養面で比較しても主要な成分のほとんどでセノビックの方が優っている上に特有の成分としてボーンペップを含んでいることからお子さんの成長を願うお母さんにおすすめしたいのはセノビックになります。

⇒ セノビックに関する詳しい情報はこちらから