セノビックを飲むと太るという噂は本当?カロリーから検証しました

セノビックを飲むから太る、なんてことがあるのでしょうか。本当であるならば、お子さん向けのこのサプリのカロリーが非常に高いことが理由と考えられます。もちろんお子さんには身長は伸びてほしいけど、太ってしまうのは困るというお母さんのために実際にところどんなもんのカロリーがあるのかを検証しました。

セノビックのカロリーから飲むと太る可能性を検証

セノビックを飲むと太るのか、というと決められた量を毎日飲む限りは太ることはないと言えます。商品のカロリーを見ればこの点は簡単にわかります。

販売者のロート製薬さんは1日の摂取量をコップ2杯としています(朝と夜に飲むイメージです)。1回あたりのセノビック自体の量は約10gとなっており、この分量のカロリーはわずか20kcalとなります。1日に2回飲むとしても毎日のカロリーは40kcalです。食事はもちろん、お菓子や飲み物といった普段からお子さんの口にするもののカロリーに気を配っているお母さんなら分かってもらえると思うのですが、40kcalなんてちょっとした誤差と言えるくらいにわずかなものです。

参考までに中学生から高校生までの男女が1日に摂取するカロリーの目安は以下の通りです:

  • 中学男子(12〜14歳):2,650kcal
  • 高校男子(15〜17歳):2,750kcal
  • 中学女子(12〜14歳):2,300kcal
  • 高校女子(15〜17歳):2,200kcal

以上の数字をもとに考えると一番摂取カロリーの目安が小さい高校女子で考えても40kcalは割合から言えば、2%未満と非常に小さいものですから、毎日の食事の違いで生じる誤差範囲と言えます。

牛乳と一緒に飲むことと太ることは関係している?

セノビックを飲むと太りますか?と不安を抱いている人の一部については商品と混ぜて飲む牛乳のカロリーを意識している場合はあるようです。そこで牛乳のカロリーを確認しました。1回のセノビック(約10g)と一緒に飲む牛乳は150ccですので、この場合のカロリーは(普通牛乳のカロリーで考えると)103kcalになります。朝夕と毎日2回飲むと考えるとそのカロリーは206kcalです。この数字は先ほどお伝えした年代別・性別ごとの摂取カロリーの目安と比較すれば、大したものではないことが分かります。

もしもお子さんがこのカロリーでさえ気にするようであれば、低脂肪乳を飲ませてあげることを検討してはいかがでしょうか。150ccのカロリーで比較すると普通牛乳:103kcaに対して低脂肪乳:71kcalなので、約30%もカロリーをカットすることができます。

と、ここまで牛乳のカロリーについてお伝えしてきましたが、セノビックを飲むことを検討しているお子さんであれば普段から牛乳を飲まれているのではないでしょうか。というのもセノビックを飲んで期待している効果は身長が伸びることだと思います。となると、普段から背を高くするために有効と一般的には言われている牛乳を飲んでいるお子さんも多いのではないでしょうか。もしもそうであれば、セノビックを飲む・飲まないに関係なく、お子さんはコップ2杯(300cc)の牛乳を毎日飲まれていると思いますので、牛乳のカロリーについては考える必要すらないとも言えますね。

まとめ

セノビックを飲むと太ることはないのか?というあなたが抱える不安にお答えしてきました。カロリーの観点から考えれば、太る可能性はほぼないと断言できます。太る又は太ったと主張している人たちは、セノビックとは無関係な生活習慣(食べ過ぎ、運動を全くしないなど)に問題があるのだと推測できます。お子さんには適量を飲ませてあげて、スクスクと成長するためにサポートをしてあげてください。

⇒ 太る心配はありません|セノビックの詳しい情報はこちら