セノビックの効果って大人が飲んでもあるの?

セノビックは大人が飲んでも効果はでないんじゃないか?って考える人が多数かもしれませんね。しかし、ネットでセノビックについて検索してみると大人への効果や身長が伸びることを謳っている文言もありますが、実際のところはどうなんでしょうか?

さすがに30歳を超えるような年齢になった大人であればセノビックを飲んだところで背が高くなるといった効果は出ないでしょう。変に期待を抱かせても仕方がないので、こちらの記事でもしっかりと身長が伸びる年齢についてついてなどの真実をお伝えしてきます。

何歳まで身長は伸びる可能性があるのか?

一般的な話として身長が伸びるのは21歳くらいまでと言われています。この年齢になると鎖骨が大人の骨になり、それに伴って身長が伸びるのも止まるというわけです。もちろんこれには個人差がありますから、21歳よりも前に骨が伸びることがストップして身長が伸びるのもストップすることもありえます。また、骨端線(こったんせん)と呼ばれる身長する軟骨が固まってしまうと背が伸びるのがストップすることもいわれています。

正直なところこの年齢については個人差があり、あなたの体の場合は何歳なのかはあなた自身で確認してもらわないと分からない、というセノビックの大人への効果についても身も蓋もない言い方になってしまいますが、それが実際にところなんだと受け止めてください。次の章では身長を伸ばすために重要な4つの要素についてお伝えします。

背を高くするために重要な4つの要素

セノビックを飲むことを検討している人は大人になっても身長を伸ばしたいと考えていることででしょう。世間にはこのような方は多くいるようです。実際に特に男性については背が高いことが1つのステータスにもなりますので、周りの見る目が違うのも事実です。本来は身長の高さは人間性の1つの要因と考えてそこにコンプレックスを感じずにいられれば良いのでしょうが、なかなかそうはならないのもまた事実です。人によっては切実は悩みにもなってきます。こちらでは背を高くするための4つの要素をお伝えしますので、しっかりと学んでいってください。

遺伝的要因

身長の高い低いが個人ごとの遺伝子によって決まるのは事実です。ただし、身長のように複数の遺伝子が関係している場合は遺伝要因だけではなくて環境要因によっても最終的な身長に違いができます。つまり、仮に同じ遺伝子をもっている2人の人間がいたとしても、栄養状況・睡眠状況・運動状況などのどういった生活を毎日送っているかという環境にって差が出てくるということです。つまりは身長が決まる要因の一つに遺伝的な要因はあるけど、その後の生活の過ごし方も影響するというわけです。

栄養

先ほど骨端線が伸びることで身長が伸びることを紹介しました。この骨端線の身長には十分栄養が欠かせ万。とくに意識したいのはタンパク質とカルシウムです。タンパク質は骨端線が伸びるのに必須の栄養となります。一方、カルシムについては骨端線が延びた後に骨密度を高めて、丈夫にするために必要とされます。

十分な睡眠

睡眠中に分泌される成長ホルモンは背が高くなるためには欠かせません。そしてこの成長ホルモンが活発に分泌される時間帯こそがゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時までの時間帯になります。つまりこの時間帯についてはしっかりと眠ることが、身長を伸ばすためには重要となるのです。

運動

運動によって適度な刺激が骨に与えられるとそれをもとに骨を伸ばそうと私たちの体が反応します。特に有効とされる運動はジョギング、サイクリング、ダンス、縄跳び、水泳といった有酸素運動になります。スポーツの種類でいうとジャンプを伴って上下運動を頻繁に行うバスケットボールやバレーボールになります。

まとめ

セノビックの大人への効果を考えると一般的に身長が伸びることが止まる21歳前後が現実的な境界線いなるかと思います。実際にあなたがセノビックを飲んでみるなら、紹介した4つの背を伸ばすポイントを抑えることでより効果を実感できる可能性が高まりますよ。

⇒ とりあえずお試しするのもあり|セノビックの詳細はこちら