身長を伸ばすのにぴったりの食べ物とその要因となる栄養素身長を伸ばすのにぴったりの食べ物とその要因となる栄養素

可愛いお子さんの身長を伸ばすためにはどのような食べ物が良いのでしょうか。お母さんならどなたで気になるであろうこのポイントについてお伝えしていきます。どのような栄養素が含まれているからこそ、この食べ物がおすすめなのかも一緒にお伝えします。

身長を伸ばす食べ物に欠かせない栄養素としてはタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛が代表的です。これらの栄養素を豊富に含む食材を成長期のお子さんには積極的に食べさせてあげたいところです。それぞれの栄養素がお子さんの成長においてどのような働きをするのかを紹介していきます。

タンパク質

骨や筋肉といったお子さんの成長にはもちろん私たちの体を構成する根幹となる組織を作るためには絶対に欠かせない成長ホルモンの分泌を促進するのがタンパク質の働きになります。この成分を豊富に含んでいる食材としては、肉類・魚類・たまご・豆類・乳製品が挙げられます。食材の種類も豊富ですので、調理方法も多彩になりますから、毎日の食事に取り入れやすい栄養素と言えるでしょう。

カルシウム

子供の成長には欠かせない成分として広く認識されているカルシウムの効果は骨や歯を強くすることです。更に健康な体には欠かせない正常な神経系の活動にも関わる栄養素です。骨が伸びることは背が高くなるために絶対に欠かせない要因ですので、その骨を強くしてくれるカルシウムは成長期の子供たちには絶対に必要となります。牛乳・乳製品・大豆製品・小魚・海藻といった食材に豊富に含まれています。

マグネシウム

マグネシウムの働きは先ほど紹介したカルシウムの吸収効率を高めることです。摂取量としてはカルシウム:マグネシウム=2:1、が理想値と言われています。マグネシウムの含有量が豊富なのはナッツ類・大豆製品・牡蠣・ほうれん草・かつおといった食材になります。2つの成分の働きの相乗効果のためにもカルシウムを豊富に含む食材と一緒にこれらの食材を摂取していきたいですね。

同じくカルシウムの体内での利用効率を高めるために重要となるのがビタミンDです。カルシウムと一緒にビタミンDを摂取することで食材から得たカルシウムの効果も高まるということです。魚類(イワシ、サンマ、サケ)やきのこ(キクラゲ、シイタケ)に豊富に含まれているのがこちらの成分になります。食事以外からも日光を浴びることにより体内で作れらますので、お子さんには食事の他にも外で元気に遊ばせることも意識していきたいところです。

亜鉛

亜鉛の働きはタンパク質・細胞組織を形成することに加えて、成長ホルモン分泌を活性化させるといったことになります。成長ホルモンが豊富に分泌されることは骨の形成を促すことにもつながります。亜鉛の特性として体内に蓄積することができないため、体内の量を一定以上に保つためにも継続的に摂取することを意識しなければなりません。牡蠣・豚のレバー・牛もも肉、スルメイカ、煮干しといった食材に豊富に亜鉛は含まれています。

身長を伸ばすためにぴったりの食べ物をそれぞれにどんな栄養素が含まれているかをからめて紹介しました。乳製品のように複数の重要な栄養素が含まれている食品もありますので、これらを上手に活用してお子さんの毎日の食事を提供してあげましょう。