成長期のお子さんがやって良い運動とやっちゃダメな運動を紹介します

成長期には運動をすることがおすすめです。なぜなら運動によって成長期には必須の成長ホルモンの分泌が促されるからです。さらに運動は骨への刺激も行い、この刺激が身長が伸びることにも深く関係しています。とは言え、なんでも運動をすれば良いというものでもありませんので、やって良い運動とダメな運動についてこちらでは解説していきます。

成長期の運動としておすすめできるのはこれ

最初にお伝えするのは成長期にピッタリの運動についてです。この時期にはお子さんがグッと背が高くなる時期ですので、お母さんがたもせめて人並みには育って欲しいと願っていることでしょう。そんなお母さんの願いを叶えるためにはお子さんの骨に対して縦方向の刺激を加える運動がおすすめです。簡単に言えば、体の上下運動を伴うものが良いというわけです。代表的なところではバレーボールやバスケットボールといったジャンプをする機会の多いものが挙げられます。身近に行える例としてはなわとびやランニングがあります。意外と思われるかもしれないですが、ランニング中には常に上下運動が伴いますので、しっかりと骨に上下方向の刺激を与えることができますよ。

成長期に背を伸ばすためにもおすすめしたい運動の2つ目は軟骨に刺激を与える運動です。軟骨に刺激を与えると軟骨の数が増え、それが硬くなることで骨が伸び、身長も伸びるというわけです。軟骨を刺激を与えるためには全身を使った運動が適しており、代表的なものとしては水泳があります。その他でしたら、登ったり・降りたり・飛び移ったりと正に全身を使うアスレチックやストレッチなんかも良いでしょう。それほど難しく考えなくても、小学生くらいまでのお子さんであれば、太陽の下で元気いっぱい遊ばせてあげることでこうした刺激を与えられますので、晴れた日はなるべく子供たちを外に出させましょう。

成長期には控えた方が良い運動はコレ

成長期に行う運動として逆に控えた方が良いものにはどのようなものがあるかを続いてお伝えします。まず最初に挙げられるのはウェイトリフティング・ボディビル・体操といった体に過度な負荷がかかる運動になります。こうした運動ではかなりの負荷が体の一部にだけかかってしまいますので、先ほど紹介した軟骨を痛めてしまう可能性があります。その結果、身長が伸びなくなってしまうことも考えられます。なお、通常の筋トレであれば、むしろおすすめしたいです。その理由は後ほどお伝えします。

もう一つ成長期にはおすすめできない運動に長距離走などの必要以上のランニングがあります。その理由はお子さんの体内に蓄えられたエネルギーを過度に消費することになり、栄養不足になってしまう可能性があるからです。体に十分な栄養がなければ、身長がしっかりと伸びないのは分かっていただけるでしょう。

同じようにエネルギー不足を引き起こしてしまうという理由でオーバートレーニングも禁物です(この場合は種目を問いません)。この場合には栄養不足に加えてお子さんの体内に疲労が過度に蓄積された状態になりますので、身長が伸びるどころか故障の原因にもなりかねません。技術向上のために頑張るお子さんの気持ちはわかりますが、成長期にはくれぐれも過度なトレーニングをしないようにお母さんの方でもケアしてあげてください。

筋トレって実はおすすめ!その理由は?

筋トレというと成長期にはやらない方が良い運動として認識している方も多いことでしょう。しかし、実際には筋トレ自体は成長ホルモン分泌を促進することが期待できるものですので、むしろおすすめしたい運動になります。やってはいけないのは先ほどもお伝えした過度な筋トレです。

過度な筋トレによって大きな負荷がかかってしまうと軟骨を痛める可能性があり、そうした場合には身長が伸びなくなってしまう恐れがあります。このようなケースが正確な状況なしに広まって成長期には筋トレはNGと多くの方が認識するようになったのではないかと思います。繰り返しになりますが、適度なものであれば筋トレは成長期におすすめの運動ですよ。

まとめ

成長期の運動としておすすめするもの避けた方が良いものをお伝えしました。過度に負荷がかかったり、過度な量の運動でなければ、基本的にはどんなものであっても成長期には良い影響を与えてくれます。なかなか外に出ないお子さんには室内でもできるストレッチから行わせてみるのも良いですね。