成長期に必要とされる栄養素を豊富に含む食材紹介!好き嫌い対策も!!

成長期に必要な栄養素とはどんなものでどんな効果があるのかをお伝えします。さらにそれらを豊富に含む食材の例も合わせて紹介します。なんといっても成長期はお子さんの体が子供から大人へと変貌する時期ですので、筋肉・骨をしっかりと作り上げるために栄養素が欠かせません。なのに、好き嫌いがあって困るといった場合の対応策についてもお伝えします。

成長期に欠かせない栄養素と豊富に含む食材はこちら

成長期のお子さんには必須の4大栄養素はこちらになります:

  • タンパク質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛

この4つさえ摂取していれば良いというわけではもちろんありませんが、成長期真っ只中の中学生のお子さんにはこうした栄養素を積極的に摂っていただきたいです。そのためにお母さんに参考にしてもらえうように各栄養素の働きとおすすめ食材をお伝えします。

タンパク質

成長期に特に欠かせない栄養素としてタンパク質があります。私たちの体を構成する源となる骨・筋肉・皮膚・毛髪・臓器・血液などを作るための材料となる成分ですので、これがなければ体が成り立たないといっても過言ではないでしょう。さらに各種ホルモンや免疫機能物質によって私たちの体は正常な状態に保たれるのですが、これらを作る材料となるのもタンパク質なんです。また骨を丈夫にするのはカルシウムと考えているお母さんも多いかと思いますが、そもそも骨の土台となるのはタンパク質でそこにカルシウム・リンなどが加わることで丈夫な骨になるんです。つまり、丈夫な骨作りにもタンパク質は欠かせない、というわけです。

タンパク質を豊富に含む食材は肉類(鶏肉・豚肉・牛肉など)、魚介類(ブリ・カツオ・マグロなど)、卵、豆類、乳製品(牛乳、チーズなど)があります。

カルシウム

丈夫で硬い骨を作るのがカルシウムの役割です。先ほどお伝えした通り、土台となるタンパク質にカルシウムがリンなどと一緒に結合することにより、硬くて丈夫な骨が出来上がります。先進国の中でも我々日本人はカルシウム摂取量が低い傾向にあります。したがって、成長期のお子さんには特に意識的に摂取させたい栄養素の一つとしてカルシウムがあります。

カルシウムを豊富に含む食材は乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)、海産物(わかめ・しらす干し・干しエビ)、青物を中心とした野菜(チンゲン菜・小松菜・切り干し大根)、さらには大豆製品・ゴマ(豆腐・納豆・ゴマ)があります。

マグネシウム

骨を健康的な状態にキープするために骨の強度・弾力性を調整する役割をマグネシウムは担っています。マグネシムを摂取する際にはカルシウムも一緒に摂取することを心がけると良いでしょう。というのも、これら2つの栄養素は一緒に働くので、同時に摂取することをおすすめします。

マグネシウムが豊富な食材は魚介類(カツオ・牡蠣)、豆類(大豆(豆腐)・落花生・アーモンド)、ほうれん草などとなります。

亜鉛

亜鉛は私たちの体内のありとあらゆる臓器に存在しているミネラルです。正常な体を保つために300種類以上の酵素が体の中では働いていますが、これらを形成するために欠かせない物質が亜鉛です。さらに新しい細胞を作り出すためにも欠かせない栄養素なので活発な新陳代謝を行う際にも必須と言えるでしょう。新陳代謝が非常に活発である成長期にはぴったりの栄養素ですね。

亜鉛を豊富に含む食材の代表格は肉類(豚もも肉・牛もも肉・豚レバー)、海産物(ホタテ・牡蠣)、そして納豆です。

お子さんに好き嫌いがある時に必要な栄養素を摂取させる方法

成長期に必要とされる栄養素とそれらを豊富に含んでいる食材をお伝えしました。しかし、実際にはお子さんの好き嫌いがあって、紹介した食材を食べてくれないケースがあるかもしれません。その場合には子供用に開発されたサプリメントを使うことで不足しがちな栄養素を補うことを考えても良いでしょう。

一般的に広く流通している子供用サプリメントとしては、のびxのび、リポビタンDキッズ、ハッピープラス こどもカルシウム、部活応援団、モーっとカルシウムなどがあります。好き嫌いのせいでどうしてもお子さんが食べない・・・、という場合にはこうした商品も使うことを考えても良いのではないでしょうか。

まとめ

成長期のお子さんには欠かせない栄養素とそれらを豊富に含んでいる食材についてお伝えしました。好き嫌いがあるお子さんには子供用サプリメントを使うことで必要な栄養素を摂取することも提案しました。上手に食材とサプリメントを組み合わせることでお子さんが必要とする栄養素を摂らせてあげましょう。