成長期の食事でおすすめとそれによって得られる栄養を紹介

成長期は食事にも是非とも気を配りたいところです。どんどん大きくするためにはどんなメニューが良いのでしょう。ざっとおすすめしたいメニューは以下の通りです。

  • ビーフカレー
  • シチュー
  • ステーキ
  • ハンバーグ
  • ロースかつ
  • ミートソーススパゲッティ
  • カルボナーラ
  • 麻婆豆腐

これらのメニューはカロリーが高いイメージがあるかもしれませんが、実は成長期のお子さんは消費するカロリーもとっても大きいので食事でしっかりとカロリー摂取することが重要です。またおすすめしたメニューには成長期には欠かせないタンパク質も豊富に含まれています。タンパク質は骨・筋肉・血液の素となる重要な栄養素です。

成長期に背を伸ばすために重要な役割をしているのが成長因子IGF-1です。これが血液中にたっぷり存在すると体内の軟骨成分が増殖し、身長も伸びるというわけです。このIGF-1の血中濃度を高めるためにピッタリの食事がカロリーとタンパク質を沢山含んでいるものなんです。体内のタンパク質とカロリーが十分な量あればIGF-1の濃度が高まり軟骨成分の量が増え、身長が伸びるというわけです。

成長期の食事として欠かせないタンパク質が豊富に含まれている食材は肉類、魚類、たまご、豆類、乳製品になります。簡単に日々の食事に取り込める食材ばかりですから、積極的に食べさせてあげましょう。

その他に成長期の食事として重要な栄養素はカルシウム、マグネシウム、亜鉛があります。

カルシウム

カルシウムにはタンパク質によってつくられた骨を丈夫にする働きがあります。骨が軟弱なままでは十分に身長を伸ばすこともできません。食事の欧米化によってカルシウムが日本人は不足がちだと言われます。こうしたことからも積極的に摂取していきたい栄養素です。豊富に含まれる食材としては乳製品、大豆製品、小魚、海藻が挙げられます。

カルシウムと一緒に摂取したいのがビタミンDになります。ビタミンDにはカルシウムの体内での利用を高めてくれる効果があります。カルシウムの効果をしっかりと発揮させるためにもビタミンDも一緒に摂取していきたいところです。豊富に含まれているのはキノコ類や魚類になります。一般的にビタミンは熱に弱いものが多いのですが、ビタミンDについては熱にも強いので、しっかり加熱しても大丈夫ですよ。また日光を浴びることで体内でつくられる成分でもありますから、成長期には食事と共に外で遊ばせることも重要です。

マグネシウム

マグネシウムの効果はカルシウムが体内に吸収するのを助けることです。豊富に含まれている食材にはナッツ類、牡蠣、大豆製品、ほうれん草が代表的なものとなります。

亜鉛

成長ホルモンの分泌を促す作用があるのが亜鉛です。成長期にしっかりと身長を伸ばすために成長ホルモンは不可欠ですから、その分泌を促す亜鉛も成長期の食事には欠かせません。またタンパク質の働きをフォローして細胞組織・骨の形成にも亜鉛は関わっています。牡蠣・レバー・ココア・うなぎなどに亜鉛は豊富に含まれています。