ボーンペップとはどのような成分か?身長を伸ばすこととの関係は?

卵黄から見つかったペプチドタンパク質の一種がボーンペップです。聞きなれない成分かもしれませんが、その名前の通り骨の成長をフォローする役割があることがわかっています。特にカルシウムと一緒に摂取することで骨の身長促進や骨密度の向上・骨の強度アップといった効果が期待できる成分です。

卵黄から見つかった成分であるボーンペップは実際に抽出する際にも当然ながら卵が原料となります。精製方法としては卵黄(タンパク質)から脂質を除去したものを酵素処理し、ペプチドまで分解させることによって得られます。タンパク質を分解して細かくなったものがペプチドであり、さらにペプチドを分解するとアミノ酸が得られます。

産卵から孵化までの成長の早さに着目することによってボーンペップは発見されました。あなたは卵が産まれてからひよこになるまでの日数を知っていますか?実は産卵からたったの21日で孵化してひよこになるんですよ。ひよこまで成長するための栄養素は当然ながら卵に含まれているものに限られます。そこで、この非常に早い成長を可能にしている成分が卵の中にあるはずさ、ということで研究が進められた結果、見つかったのがボーンペップになります。研究を進めた結果、卵の中でも特に卵黄に含まれているペプチド成分が鍵になっていることが分かりました。この成分は骨の身長を促すことに関係していることが分かり、骨(bone)とペプチド(peptide)からボーンペップという名前になりました。

様々な要因が関係して骨の成長や丈夫な骨作りは成し遂げられるわけですが、絶対に欠かせない2大ポイントが栄養摂取を十分に行うこととある程度骨に負荷をかけて運動をすることになります。

各種栄養素の中でも特に骨の身長や丈夫な骨作りに欠かせないのがミネラルやビタミンといった成分になります。カルシウムが丈夫な骨作りには欠かせないのはあなたがもご存知のことでしょう。このカルシウムと先ほど紹介したボーンペップを一緒に摂ることにより、骨を伸ばして・丈夫にするといった効果がより高まります。さらにおさえておきたい栄養素としてはビタミンDとコラーゲンがあります。コラーゲンは美容成分としてよく知られていますが、骨の枠組みの役割を果たすタンパク質ですので、骨を作る際の柱となりこれにカルシウムやリンが繋がることによって、丈夫な骨となります。ビタミンDには吸収されにくい特性のあるカルシウムの吸収を助ける役割がありますので、カルシウムを摂取する際には一緒に摂りたい栄養素です。

もう一つのポイントである適度に骨に負荷のかかる運動の詳細についてはこちらの記事に詳しく紹介していますので、気になる方は参考にしてください。

参照:成長期のお子さんがやって良い運動とやっちゃダメな運動を紹介します

ボーンペップはお子さんがスクスク育つためには欠かせない丈夫な骨作りの力強い助けとなってくれることを紹介しました。その働きをより一層しっかりとしたものにつするためにも、ボーンペップだけを摂取するよりも、相乗効果のあるカルシウムなどと一緒にお子さんには摂取させたいところです。

⇒ 手軽にボーンペップとカルシウムが一緒に摂れる商品はこちら