ボーンペップの驚きの効果はコレだ!子供の成長に嬉しい働きをしますよ!

ボーンペップの効果についてこちらではお伝えします。卵の非常に早い成長に着目することをきっかけに発見されたこちらのランプペプチドには特にお子さんに成長にかかわりの強い働きがあります。ボーンペップの効果は骨の伸長や強度アップっとお母さんなら見逃せない非常に魅力的なものです。さらにその働きは牛乳などの含まれるカルシウムと一緒に摂ることでより高まります。より詳しい解説をこちらでは行っていきます。

ボーンペップの注目の効果の1つ目は骨の伸長をサポートすることです。カルシウムと一緒に摂取することでこの効果は更にアップすることがわかっています。つまり、カルシウム単体で摂取した場合に比べて、一緒に摂取することで骨が伸びるスピードが上がるというわけです。この働きを明らかにした試験についてお伝えします。

成長期のラットに3種類のエサを与え、それぞれで骨の成長を比べました。3種類のエサは以下の通りです:

  • カルシウム量が少ないエサ
  • カルシウム量が多いエサ
  • カルシウム量が多い+ボーンペップを加えたエサ

試験対象となるラットにこれらの中からどれから1種類のエサを与え、それぞれの間で足の骨の伸長程度を比較しました。その結果、3種類目の「カルシウム量が多い+ボーンペップを加えたエサ」を食べたラットの足の骨の伸長が他のエサを食べたものに比べて明らかに大きいことが判明しました。さらにこのエサに添加するボーンペップの量を調整し、骨の伸長との相関関係を調査したところ、ボーンペップの添加量が増加するのに伴い足の骨の伸長程度も大きくなることが分かりました。

こうした実験結果をもたらした理由としては骨端の部位で骨の素となる細胞の数を増加させるボーンペップの効果によります。さらにこの細胞の活性を高める効果もボーンペップには含まれています。成長期のお子さんは新陳代謝が高いこともあり、骨端での細胞増加数がより多い傾向にあります。つまり、ボーンペップとカルシウムを同時に摂ることにより、骨の成長が促され、それに伴って身長が伸びることも期待できるいうわけです。

2つ目のボーンペップの効果は骨の密度を高めることです。私たちの体の内部では日々、古い骨を壊して新しいものに生まれ変わらせる生命活動が行われています。この壊す・生まれ変わらせるという2つの活動がバランス良く行われるのが健康な状態ですが、壊す働きの方が大きくなってしまうといったバランスを崩した状態になると骨の密度が低くなってしまします。その結果として中身のない脆くてスカスカな骨となり、ひどい場合には骨折しやくすくなったり、骨粗しょう症を引き起こしてしまう可能性すら出てきます。このような事態にならないためにボーンペップの骨密度を高める効果が強い味方となってくれることでしょう。

マウスを使った試験ではボーンペップの効果として骨を壊す働きをする細胞の数を減らすというものが確認されています。この働きのより、骨を壊す量が減れば、結果的に骨密度を高めることへとつながります。こうした働きはお子さんの骨を丈夫にするためには重要ですよね。

ボーンペップの3つ目の効果は骨の強度を高めるということです。ラットを使った実験において、カルシウムと一緒にボーンペップを摂取することで衝撃に強く曲がり方も正常な骨が作られることが分かっています。丈夫な骨を成長期のお子さんにもたらせてあげるためにもボーンペップ+カルシウムのこの効果は是非とも取り入れたいところです。

健康で丈夫な骨をしっかりと育むためのボーンペップの魅力的な3つの効果をお伝えしました。どの効果も机上の空論というわけではなく、ラットやマウスといった動物を使った実験でも確認されている効果ですので、より高い信用がおけますね。お子さんの骨を丈夫にし、より伸長を促すためにもこの成分を上手に摂ることを意識していきたいところです。

⇒ ボーンペップとカルシウムを手軽に摂れる商品はこちら